エネルギー周波数を用いたセラピーについて

万物には人間に見えるもの・見えないものにかかわらず固有の周波数があります。

701652af328d64448ee931a1f0325efa_s.jpg
全てのものは、細かく分けていくと分子・原子・素粒子・・・といったような最小単位にまで分けることができると最新の科学でわかっています。

そして、同じ素粒子が固有周波数に共鳴し、物質や現象として象られるのだと言われています。

もし、この物質(人間の体を作っている細胞も物質ですね)を形作る固有周波数が乱れると、物質(肉体)そのものの形態や働きを正常に保つことが困難となります。

このことが、さまざまな症状や不調の原因の一つと考えることができます。

周波数の共鳴(レゾナンス)を用いたセラピーは、乱れて不和となった周波数を整えて、本来あるべき周波数に戻します。

そうすると、素粒子レベルでの歪みが整えられて、本来の健康な状態へと回復することが可能になるのです。

医療の発展とエネルギー周波数

現在の医療において、量子力学の研究成果は医療の発展に大きく関わっています。

かつての医学の発展には、解剖学や生理学の知見によることや、動物実験による臨床データの応用が主でした。

しかし、最新の医療においては、電磁波を用いた診断器やレーザー光線・特殊な放射線を使った高度医療も行われています。

それらはみな波動であり、エネルギー周波数です。

かつて明治の初期に日本が取り入れた西洋医学の先進国であるドイツやイギリスはもとより、アメリカ・ロシアにおいても波動エネルギーの研究は盛んに行われています。

量子力学の発展とともに医療の世界においても、唯物的な見かたから波動エネルギーや周波数を用いた医療が世界的に認知されつつあるようです。

かたや日本においても、中国から伝わった4000年の歴史と言われる鍼灸や漢方などは、人体を気エネルギーの観点からアプローチしてきました。

日本古来からある伝承医学である手当て法は、生体エネルギーを直接送るセラピーです。

また、世界各地に伝わる伝統医療、たとえばインドのアーユルヴェーダ、チベット仏教医学もエネルギーセラピーだし、シャーマンによるヒーリングやホメオパシーのようなレメディを使う方法もエネルギー周波数セラピーとして紐解くことができます。

レゾナンス

エネルギー周波数によるセラピーは肉体や心の領域だけでなく、魂の領域にも届きます。

今現在の魂レベルもそうですし、肉体を脱いだ後の魂の健康にまでも届かせる根本的でより深い心身の調和の助けとなるのです。

その結果、私たちが本来持っている命の輝きが光出して、潜在的な才能が開いたり、個性が強化されたりして、「本当の自分の人生を生きる」という自由な状態に戻ることができるのです。

からだ道場で提供しているイーマ・サウンド®︎バイオチューニング

イーマ・サウンド®︎の調律のゴールは何かというと、調律を受けた方の人生が動き出し、本当の自分の人生を生き始め、周りの人や環境が変化することです。

誤解を恐れずにすごくシンプルにいうと、幸せになるためのお手伝いです。

そのためには、からだの不調はない方がいいんですよね。

イーマ・サウンド

イーマ・サウンド®︎は病気治しの方法ではないけれど、エネルギーを動かして肉体を変化させることができるので健康な状態へと導いてくれるのです。

現代日本の病院で行われている医療とバッティングしないのがユニークなところです。

なぜなら、病気を治すのは本人にしか出来ない事なのですから。

イーマ・サウンド®︎の音を使ったエネルギーの調律は、あなたの治ろうとするご自身のからだの音に共鳴して本来の健康な状態に戻ろうとする事の助けになる優れたエネルギー周波数セラピーです。

体験を希望される方はこちらをご覧ください。